期日 7月15日(土)・16日(日)・17日(祝)
時間 午前5時30分〜 朝護摩供厳修(大本堂)
午前6時30分〜 暁天講座(大本堂第一講堂)
午前8時〜    朝がゆ接待(光輪閣3階)
会場 大本堂第一講堂(大本堂地下1階)
※大本堂向かって左側ロビー入口からお入りください
受付 当日の朝護摩修行後、会場前受付にてレジメ、朝がゆ券を配布します
  うえだ  すみこ
上田寿美子 先生
クルーズライター/クルーズジャーナリスト/
日本外国特派員協会会員/日本旅行作家協会会員
演題 豪華客船への招待状
豪華客船の旅には洋上で生まれる数々のドラマがあります。約30年、国内外の客船を取材した経験に基づき、伝統的な客船から最新鋭の未来型客船まで、楽しい豪華客船の世界をご紹介します。
もろはし せいこう
諸橋 精光 先生
絵本作家/紙芝居作家/真言宗豊山派千蔵院住職
紙芝居演者:諸橋精光と新潟ひょうしぎの会
演題 超大型紙芝居で伝える仏の教え
鮮やかな色彩の大画面と太鼓や銅鑼、法螺貝などお寺の鳴り物で大迫力の物語世界を作り出します。日本独自の表現形式である紙芝居の魅力と仏教の物語の魅力をたっぷりとお楽しみください。
  うえの  ひでき
上野 秀樹 先生
精神科医/千葉大学医学部附属病院
地域医療連携部特任准教授
演題 認知症 医療の限界、ケアの可能性
高齢化が一番の危険因子である認知症。認知症の人を支えるためには介護や医療だけではなく、さまざまな社会資源の総動員が必要になります。認知症の人が暮らしやすい社会の実現を考えます。

このページの先頭へ戻る