カテゴリー[ 東日本大震災支援報告 ]の記事一覧

3日
8月
2016年
福島県立塙工業高等学校和太鼓部 奉納太鼓演奏

IMG_5919

福島県立塙工業高等学校和太鼓部が成田山総門前広場で和太鼓演奏を奉納。29人の部員が力強い和太鼓演奏を披露しました。
顧問の佐川博文先生は「東日本大震災から5年が経過。福島の復興は進んでいますが未だ自宅に帰れない人が多くいます。私たち和太鼓部は福島県への支援に対する感謝と被災者の元気な姿を見ていただくため、全国各地で演奏しています。今日は成田山のお不動さまに復興の祈りを込めて力一杯演奏します」と挨拶しました。

17日
3月
2016年
福島県南相馬市・二本松市・いわき市での彼岸法要

DSCN8353

春のお彼岸にあたり3月15、16日の2日間、福島県南相馬市の小池小草地区仮設住宅、二本松市赤井沢仮設住宅、いわき市久ノ浜地区海岸を訪問し、山﨑照義長臈導師のもと彼岸法要を厳修しました。
祭壇に先祖や震災物故者の位牌をおまつりし、成田から持参したおはぎをお供えし故人の仏果増進を祈りました。

11日
3月
2016年
岩手県陸前高田市 東日本大震災追悼式に参列

東日本大震災で甚大な被害を受けた岩手県陸前高田市で行われた犠牲者の追悼式に山﨑照義長臈が参列しました。追悼式後、陸前高田市役所を訪問して戸羽市長に義捐金417万600円をお届けし、震災直後避難所にもなっていた気仙成田山金剛寺で犠牲者を追悼して読経を捧げました。同市気仙町の真言宗智山派金剛寺に成田山御本尊不動明王御分霊を勧請した不動堂(気仙成田山)が建立されている御縁により、成田山では震災直後から、勝御守の初穂料の一部を義捐金として陸前高田市に寄託する支援を続けています。

東日本大震災をはじめさまざまな自然災害により、現在も多くの方が不自由な避難生活を余儀なくされています。成田山では、被災地の一日も早い復興を願い、ご信徒皆さまのご協力を得てさまざまな活動に取り組んでいます。今後とも、皆さまのあたたかいご協力をよろしくお願いいたします。

DSCN8249

11日
3月
2016年
全国災害物故者供養会

3月11日午前11時から釈迦堂にて橋本照稔貫首大導師のもと、東日本大震災をはじめ全国で発生する自然災害で犠牲となられた方々のご冥福を祈る供養会を厳修しました。
法要には成田市小泉一成市長をはじめ市内関係各団体の皆さま、福島県から市内に避難されている方々が参列。読経に続いて密厳流遍照講下総印旛教区連合会による「追善供養和讃」と成田仏教聖歌合唱団による「仏前讃仰」「いろはうた」が奉唱されました。また、地震発生時刻の午後2時46分には「追悼の鐘」をつき、参詣ご信徒と共に御霊の安らかならんことを祈りました。

全国災害物故者供養会

 

追悼の鐘

16日
11月
2015年
岩手県陸前高田市に義捐金を寄託

11月16日、岩手県陸前高田市戸羽太市長に勝御守義捐金2,160,200円をお届けしました。戸羽市長は「東日本大震災から4年8ヶ月が経過し、風化していくことに危機感を感じています。その中でも、成田山の皆様がこうして支援を続けて下さっていることに市といたしまして大変感謝しております。今後も復興計画が確実に実現するために一丸となって取り組みます」と述べられました。
勝御守義捐金は初穂料の一部を義捐金としたもので、今回で10回目となります。成田山では今後も支援を続けてまいります。皆さまのご協力に感謝申し上げるとともに引き続きご支援の程、よろしくお願いいたします。

DSCN8110s

 

カテゴリー[ 東日本大震災支援報告 ]
10日
5月
2015年
福島県南相馬市小池小草自治会御一行が来山

IMG_6237

福島県南相馬市の小池小草仮設住宅自治会の皆さまが来山されました。
成田山では東日本大震災以来、支援物資のお届けや現地での彼岸法要厳修など、小池小草仮設住宅での支援活動を続けています。本日は23人が来山して御護摩に参列。坊入の席では山﨑照義長臈がご挨拶しました。

カテゴリー[ 東日本大震災支援報告 ]
7日
4月
2015年
「東日本大震災ふくしまこども寄附金」に境内募金を寄託

成田山境内の募金箱に寄せられた1,579,667円を「東日本大震災ふくしまこども寄附金」に寄託しました。この寄附金への寄託は平成25年から毎年行っており、今回で3回目となります。
伊藤照節教化部長が福島県庁に赴き、保健福祉部こども未来局の小川武次長に目録をお届け。小川次長は「有効に活用し子どもたちの支援に役立てたい」と述べられました。
成田山では引き続き支援を続けてまいります。皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。

IMG_4002

11日
3月
2015年
福島県いわき市 第4回祈りのつどいに参加

福島県いわき市、平中央公園で第4回祈りのつどい(3・11希望の灯りプロジェクト実行委員会主催)が行われ、成田山仏教青年会と成田山交道会の会員が参加しました。この公園には、被災地の皆さまが安寧に暮らすことができるように願い、兵庫県神戸市から分灯された「希望の灯り」が灯されています。
祈りのつどいでは、来場者が「希望の灯り」をキャンドルに灯して「3・11祈」の文字を型取り、物故者への追悼と一日も早い復興を祈りました。

inori

カテゴリー[ 東日本大震災支援報告 ]
11日
3月
2015年
東日本大震災物故者供養法要

3月11日、成田山釈迦堂にて11時から橋本貫首大導師のもと東日本大震災で物故された方々の供養法要を厳修しました。法要には成田市の小泉市長はじめ市内関係各団体の皆さま、福島県から市内に避難されている方々を含む83人が参列しました。はじめに参列者全員で御霊安らかなることを祈る黙祷を捧げた後、法要を厳修。法要では読経に続いて密厳流遍照講下総印旛教区連合会による「追善供養和讃」と成田仏教聖歌合唱団による「仏前讃仰」「いろはうた」が奉唱されました。また、地震があった午後14時46分には「追悼の鐘」をつき、参詣ご信徒と共に御霊の安らかならんことを祈りました。

11日
3月
2015年
陸前高田市泉増寺慰霊法要

陸前高田市にある真言宗智山派の泉増寺で東日本大震災受難者慰霊法要が厳修され、成田山から山﨑照義長臈が出仕しました。泉増寺は成田山と御縁の深い金剛寺(気仙成田山)の小林信雄住職が兼務住職を務める寺院です。小林住職導師のもと、智山派岩手教区の司東和光僧正はじめ智山青年連合会の青年僧たちが出仕。境内で読経を捧げ、約50人の参列者が焼香して犠牲者の冥福を祈りました。

senzoji

カテゴリー[ 東日本大震災支援報告 ]