カテゴリー[ 行事ご報告 ]の記事一覧

17日
6月
2017年
御宝前結婚式 6月17日 戸村家・白鳥家

 

 

大本堂において御宝前結婚式を執り行いました。

新郎・戸村光弘 様   新婦・白鳥よし美 様

新郎新婦は家族や多くの親族が見守る中、御本尊不動明王に結婚の誓いを立てました。お二人の末永いお幸せと、ご両家のご繁栄を心より祈念いたします。

カテゴリー[ お知らせ ,行事ご報告 ]
16日
6月
2017年
第34回 遍照講千葉県教区連合会奉詠成田山大会

御詠歌の密厳流遍照講千葉県教区連合会から18支部229人が参加し、成田山光輪閣で奉詠大会が開催されました。大会では支部ごとに日頃の練習の成果を披露。記念式典では震災物故者を追悼し、「東日本大震災物故者追悼御詠歌」「東日本大震災被災復興和讃」が一斉奉詠されました。
また、午後からは参加者全員で1時の御護摩祈願に参列し、大本堂で「成田山詠歌」と「不動和讃」を奉詠しました。

カテゴリー[ 未分類 ,行事ご報告 ]
15日
6月
2017年
弘法大師 興教大師御誕生慶祝大法会

弘法大師 興教大師御誕生慶祝大法会を橋本照稔貫首大導師のもと厳修しました。
真言宗の宗祖弘法大師は774年(宝亀5年)6月15日、現在の香川県にお生まれになり、真言宗中興の祖である興教大師は、1095年(嘉保2年)6月17日、現在の佐賀県に誕生されました。
大法会にはお大師さまへの信仰篤い成田山十善護国講社の皆さまをはじめ、多くのご信徒が参列。遍照講下総印旛教区連合会による御詠歌の奉詠が行われ、報恩謝徳の誠を捧げました。

カテゴリー[ 法要ご報告 ,行事ご報告 ]
14日
6月
2017年
境内消防訓練

 

 

成田市文化財保護デーにあたり、国指定重要文化財の釈迦堂で成田消防署と成田市消防団第一分団第九部、成田山自衛消防隊が合同で消防訓練を実施しました。訓練には成田山職員や近隣商店の方々が参加し、ご信徒の安全確保や避難誘導の訓練を行いました。

カテゴリー[ 行事ご報告 ]
11日
6月
2017年
弁財天祭礼大法会

 

橋本照稔貫首大導師のもと弁財天祭礼大法会を厳修しました。成田山の弁財天は財福・智慧・音楽をつかさどる仏さまで古くから多くの信仰を集めています。大法会では成田山総代をはじめ、講社、特縁のご信徒が参列し献花。年に一度の特別開扉に大勢のご信徒がおまいりしました。

カテゴリー[ 法要ご報告 ,行事ご報告 ]
11日
6月
2017年
第78回 成田山写経大会

 

6月10日、11日の2日間にわたり光輪閣4階光輪の間において写経大会を開催しました。両日合わせて約530人が参加し、心静かに『般若心経』を書写。写経後には納経法楽を行い、願いが込められた写経を御本尊不動明王の御宝前に納めました。

カテゴリー[ 行事ご報告 ]
3日
6月
2017年
御宝前結婚式 6月3日 川島家・杉島家

 

 

大本堂において御宝前結婚式を執り行いました。

新郎・川島 憲 様   新婦・杉島春佳 様

新郎新婦は家族や多くの親族が見守る中、御本尊不動明王に結婚の誓いを立てました。お二人の末永いお幸せと、ご両家のご繁栄を心より祈念いたします。

カテゴリー[ お知らせ ,行事ご報告 ]
28日
5月
2017年
柴灯大護摩供・火渡り修行

大本堂西側広場を道場に柴灯大護摩供・火渡り修行を厳修しました。柴灯大護摩供では被災した岩手県陸前高田市の景勝地「高田松原」の松で謹製した壇木とご信徒により願いごとが書き込まれた護摩木をお焚き上げ。東日本大震災被災地の復興と、心願成就を祈念しました。つづく火渡り修行では、多くのご信徒が熱さの残る灰の上を渡りお不動さまの御加護を祈りました。

カテゴリー[ 法要ご報告 ,行事ご報告 ]
27日
5月
2017年
御本尊上陸聖地報恩大法会

千葉県横芝光町の九十九里海岸尾垂ヶ浜で橋本照稔貫首大導師のもと御本尊上陸聖地報恩大法会を厳修しました。
尾垂ヶ浜は、1070余年前、成田山を開山した寛朝大僧正が東国の乱平定祈願のため弘法大師敬刻開眼の不動明王御尊像を奉持して上陸された地です。成田山では、御本尊上陸聖地として護持し、毎年5月、9月、12月に報恩法会を行い、特に5月は多くの来賓ご参列のもと報恩大法会を厳修しています。
聖地を守護される波切不動尊御宝前で厳粛な法要に続き、遍照講千葉県教区連合会八街支部・成田支部の皆さまによる御詠歌奉詠や成田仏教聖歌合唱団の仏讃歌奉唱、成田商工会議所女性会の奉納踊りや横芝光町さくら太鼓の奉納太鼓の演奏が行われ、大法会に華を添えました。

カテゴリー[ 法要ご報告 ,行事ご報告 ]
20日
5月
2017年
成田山蝋燭能

光輪閣4階光輪の間で第40回奉納梅若成田山蝋燭(ろうそく)能を開催しました。
梅若玄祥(人間国宝)による舞囃子「芦刈(あしかり)」、山本東次郎(人間国宝)による狂言「末広(すえひろ)」に続き、梅若紀彰らによる能「小鍛治 黒頭(こかじ くろがしら)」を上演。会場に集まった約500人の観衆を魅了しました。

カテゴリー[ 行事ご報告 ]