旬をお届け 今月の成田山 ひとこと説法「今月のひとこと説法」

今月のひとこと説法

 5月5日は端午の節句。現在は子どもの日として親しまれていますが、もとは菖蒲(しょうぶ)や蓬(よもぎ)を軒先にさして悪い気をはらう厄除けの行事でした。菖蒲が「勝負」や「尚武(武を重んじること)」と同音のため、武士の世になった鎌倉時代に流鏑馬など勇壮な行事が行われるようになり、男子のたくましい成長を願う節句になったといいます。
 日本政府はこの日を「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに母に感謝する」日として、国民の休日に定めています。私たち誰もが母から生まれ、さまざまな人とのご縁の中で大人へと成長していきます。
 真っ青な空に悠々と鯉のぼりが泳ぐ5月。子どもたちの幸せを願うとともに、これまでご縁をいただいた方々に感謝を捧げましょう。

このページの先頭へ戻る

今月の成田山

今月のひとこと説法