成田山新勝寺

FOREIGN LANGUAGE

今月のひとこと説法

今月の

ひとこと説法

水のような心

_暑かった夏が過ぎ、成田山公園を流れる小川の清々しい水音に秋の訪れを感じるようになってきました。
_仏教に「一水四見(いっすいしけん)」という教えが伝わっています。一水四見とは、同じ水でも人間にとっては飲み水、魚にとっては己の住処、天人にとっては水晶の床、餓鬼にとっては燃え上がる膿、というように住む世界によって見え方が違うことを表した言葉です。
_私たち人間はそれぞれに立場や主張、個性があり、それは時に諍(いさか)いの種になることもあります。
川の水は遮るものをすべて包み込み、その流れが止むこともありません。その姿は、相手の立場に立って思いやりの心で接することが大切だということを教えてくれているかのようです。
_すべてを優しく受け入れる水のような心を常に持っていたいものです。

このページの先頭へ戻る