カテゴリー[ 行事ご報告 ]の記事一覧

12日
1月
2019年
覚鑁忌(かくばんき)

1月12日、真言宗中興の祖と仰がれる興教大師覚鑁上人(こうぎょうだいしかくばんしょうにん)の命日法要を橋本照稔貫首大導師のもと大師堂で厳修しました。
興教大師は、嘉保2(1095)年、現在の佐賀県鹿島市にお生まれになりました。弘法大師の教えを再興するとともに多くの学徒を養成。その後、和歌山県の根来山に移り「新義」といわれる教学を確立し、康治2(1143)年12月12日、49歳で入滅されました。
成田山では古くから陰暦12月(現在の1月)に法要を行ってきたため一月遅れの厳修となります。
厳しい寒さの中、多くの御信徒が参列し、焼香台で静かに手を合わせ御遺徳を偲びました。

カテゴリー[ 法要ご報告 ,行事ご報告 ]
10日
1月
2019年
節分会の福升浄書

節分会の福升浄書を行いました。成田山の福升は秋田ヒバ製の1.8リットル升を使用しています。僧侶が一つひとつ丁寧に「節分会 己亥歳」と記し、升底に「成田山」の焼き印を押して仕上がります。

成田山節分会の詳細はこちら

カテゴリー[ 行事ご報告 ]
8日
1月
2019年
大般若会を厳修

 

清瀧権現堂(せいりゅうごんげんどう)にて天下泰平・万民豊楽・五穀豊穣・息災延命を祈願する大般若会を岸田照泰寺務長導師のもと厳修しました。
大般若会は、大般若経転読会(だいはんにゃきょうてんどくえ)ともいわれ、大般若経600巻の経題を読み上げ、経典一巻一巻を転読する法会です。経典を転読する風にあたると、1年間無病息災の御利益をいただけるということから多くの方が参列し、法会後には大般若特別札を受けました。

カテゴリー[ 行事ご報告 ]
7日
1月
2019年
浄書式

 

新春恒例の伝統行事、浄書式を橋本照稔貫首大導師のもと厳修。御本尊不動明王の御宝前で法楽を捧げ、今年最初の御護摩札を浄書しました。

カテゴリー[ 行事ご報告 ]
6日
1月
2019年
プロゴルファーの青木功選手が初詣されました

プロゴルファーで千葉県出身の青木功選手が初詣されました

 

 

青木選手のコメント
「昨年は『発展』を目標に若手の育成に取り組み、それなりの結果を残すことができました。今年は『つなぐ』ことを目標に、各世代ごとに先人の精神や思いをつないでいく努力をしていきたいと思います。ゴルフ界に限らず、世代をつないでいくことができれば、もっと良い日本になると思います。東京オリンピックも来年に迫ってまいりました。ゴルフが百年ぶりに復活するので、今から楽しみです」

カテゴリー[ 初詣 ,行事ご報告 ]
5日
1月
2019年
手斧(ちょうな)始めの儀

 

成田山全域の営繕工事の安全を祈願する手斧(ちょうな)始めの儀が行われました。
関係者が見守る中、古式にのっとり丈量の儀、鋸の儀、墨差し、墨打ちの儀、釿掛けの儀、鉋掛けの儀が執り行われ、一年の工事安全を祈りました。

カテゴリー[ お知らせ ,行事ご報告 ]
3日
1月
2019年
千葉ロッテマリーンズの唐川侑己選手が初詣されました

千葉ロッテマリーンズの投手で成田高等学校出身の唐川侑己選手が初詣されました。

 

 

唐川選手のコメント

「あけましておめでとうございます。毎年お願い事は変わりませんが、今年も無事に過ごせますよう御本尊不動明王にお願いしてきました。昨年は開幕を1軍スタートできずに歯がゆい思いもしましたが、シーズン後半は今まで経験のなかった中継ぎで結果を残すことができました。今年は、選手にとって一番の喜びであるチームの優勝を第1の目標に、自分が少しでも貢献できるように精一杯頑張ります。」

カテゴリー[ 初詣 ,行事ご報告 ]
2日
1月
2019年
水戸ホーリーホックの長谷川凌選手が初詣されました

日本プロサッカーリーグJ2水戸ホーリーホックのゴールキーパー、長谷川凌選手が初詣されました。

 

 

長谷川選手のコメント

「プロ1年目の昨年は試合に出るという目標を達成し、デビュー戦はクリーンシート(無失点)を達成できました。今年はシーズン通しての出場を目標に、まだまだ未熟な技術の向上に努めていきたいと思います。大本堂では1年間怪我のないように手を合わせて、キーパーグローブもお火加持していただきました。お不動さまの御加護をいただいてゴールをしっかり守り、チームに貢献していきたいです。」

 

水戸ホーリーホック公式ウェブサイト http://www.mito-hollyhock.net/

 

カテゴリー[ 初詣 ,行事ご報告 ]
1日
1月
2019年
新春航空安全祈願祭

 

 

旅行客で賑わう成田国際空港第1ターミナル出発ロビーで、成田市観光協会主催による新春航空安全祈願祭が行われました。成田山僧侶による法楽の後、各航空会社に安全祈願御護摩札を授与。空港の無事故安全と国際拠点として更なる飛躍を祈りました。

カテゴリー[ 行事ご報告 ]
28日
12月
2018年
納め札お焚き上げ柴灯大護摩供

 

一年最後の御縁日(ごえんにち)「納め不動」にあたり、御護摩札や御守をお焚き上げする納め札お焚き上げ柴灯大護摩供を厳修しました。
山伏の修法により道場の炉壇に火が上がると、参列の皆さまがお願い事を書き入れた壇木、護摩木、各ご家庭や事業所などから納められた御護摩札や御守を次々にお焚き上げしました。参列者は、燃えさかる炎に手を合わせ、一年間御加護いただいたお不動さまへ感謝の祈りを捧げました。

カテゴリー[ 行事ご報告 ]