1080年祭
特別行事

特別行事ピックアップ

期間中毎日おこなわれる行事

特別大護摩供

大本堂

御護摩祈祷は、不動明王御宝前で護摩木という特別な薪を焚いて心願成就を祈る修法です。毎日、特別大護摩供を厳修し、祈願をお申し込みの方には御開帳特別御護摩札を授与します。

天国宝剣頂戴

光明堂

天国宝剣は成田山開創の際、寛朝大僧正が朱雀天皇より賜った成田山第一の霊宝です。宝剣を拝すと心身の病が速やかに癒えると伝わることから、宝剣を身体に当てて身体健全を祈ります。

特別御印紋

大本堂東側受付

御印紋はお不動さまを表す梵字が刻まれた朱印を額に押し、無病息災・身体健全・学業成就を祈念するものです。どなたでも受けることができます。

特別開扉

奥之院・開山堂・一切経堂

奥之院、開山堂、一切経堂を特別開扉します。普段は入拝できない御堂で仏さまをおまいりできます。

大塔婆御手綱拝掌

大本堂前

大本堂前に高さ12メートルの大塔婆を建立。大塔婆に結ばれた五色の御手綱は大本堂の御本尊不動明王の御手へと続いています。御手綱を握り(拝掌し)お不動さまの御利益をいただきます。

成田山開基1080年祭記念大開帳

記念御護摩札|記念御守|内陣参拝札

大開帳奉修期間中、毎日、大本堂で特別大護摩供を厳修
◆ 開帳特別御護摩祈祷 ◆

開基1080年祭にあたり、記念大開帳中に限り記念御護摩札と記念御守を特別授与します。
ご信徒皆さまには、大開帳期間中に是非おまいりされ、記念の御護摩札と御守を受けられますよう、おすすめいたします。

記念御護摩札(木札)
記念御護摩札(小型札)
記念御護摩札

【受 付】
御護摩札お願い用紙に記入の上、境内の各御護摩受付所でお申し込みください。
【初穂料】
5000円、1万円、2万円、3万円以上(特別大護摩供)

御護摩祈祷時間
4月28日4月29日〜5月12日5月13日5月14日〜5月27日5月28日
5時30分
9時
10時
11時
12時
13時
14時
15時

は開帳晨朝護摩供・閉帳夕護摩供  は信徒安全大祈祷会

            
○御護摩祈祷時間変更のお知らせ○             

※22日は裏千家献茶式のため、12時の御護摩祈祷が中止となります。
※26日・27日は結縁潅頂のため、11時の御護摩祈祷が中止となります。

内陣参拝「剣札守」
大本堂で内陣参拝後に特別授与
内陣参拝「剣札守」 ※体数限定でお授けいたします

大開帳奉修期間中の御護摩祈祷後、大本堂内陣参拝された方に倶利伽羅龍王の朱印を押印した内陣参拝「剣札守」を特別にお授けします。   この「剣札守」は、大本堂正面、御本尊不動明王御宝座におまつりする倶利伽羅龍王御分身の護符です。   お不動さまのお持ちになる利剣に龍が巻きついたお姿で、天を突く剣は三毒( 貪・瞋・痴)の煩悩と罪障を取り除くとされています。

成田山開基1080年祭記念 奉祝歌発表会

成田山では平成30年に開基1080年祭記念大開帳を奉修するにあたり奉祝歌を制作。その完成を記念して、3月10日成田国際文化会館大ホールで発表会を開催しました。 1600人を越える方々が会場に詰めかける中、奉讃歌「今ぞ讃えん」、記念曲「いのち輝け」、記念音頭「心はればれ成田山」を披露。続いて、記念音頭を歌った歌手の島津亜矢さんによる歌謡ショーが行われ盛会のうちに幕を閉じました。

奉讃歌「今ぞ讃えん」

指揮:河地良智
伴奏:松浦真沙
合唱:成田仏教聖歌合唱団、成田楽友協会合唱団
 

記念曲「いのち輝け」

指揮:石川星太郎
バリトン:原田勇雅
オーケストラ:成田高等学校音楽部
合唱:成田仏教聖歌合唱団、成田楽友協会合唱団

記念音頭「心はればれ成田山」

歌唱:島津亜矢
演奏:AYAスペシャルバンド
踊り:成田市内婦人会の皆さま

成田山開基1080年祭を記念してつくられた記念音頭「心はればれ成田山」の振付解説動画です。

心はればれ成田山
作詞:高田ひろお
作曲:船村 徹
編曲:蔦 将包
歌:島津亜矢