25日
3月
2018年
倉本聰氏講演会を開催

成田山開基1080年を記念して倉本聰氏講演会を光輪閣4階光輪の間で開催しました。講師の倉本先生はテレビドラマ『北の国から』や『やすらぎの郷』などの脚本を手がけ、現在も北海道富良野市を拠点として、創作集団「富良野 GROUP」を立ち上げ舞台公演を中心に活動されています。講演では、「当たり前の暮らしを求めて」と題して、膨大なエネルギーに依存する現代社会に警鐘を鳴らし、自然や環境の大切さを伝えました。

 

カテゴリー[ 行事ご報告 ]