1日
12月
2017年
成田山の大しめ縄作り

 

毎年恒例の大しめ縄作りが進んでいます。成田山の大しめ縄は「照範じめ」といわれ、稲穂をつるしたような形が特徴で、幅6.6メートル、重さ200キロを超えます。今月25日に正月のお飾りとして大本堂前に取り付けられ、新年を迎える準備が整います。

カテゴリー[ お知らせ ,初詣 ,行事ご報告 ]