成田山新勝寺 千葉県成田市成田1

FOREIGN LANGUAGE

カテゴリー[行事ご報告]の記事一覧

15日 02月 2024年

常楽会

釈迦堂にて岸田照泰貫首大導師のもと常楽会を厳修しました。
2月15日はお釈迦さまが入滅された日です。お釈迦さまは約45年間にわたる伝道の旅の途中、クシナガラの地で涅槃(ねはん)に入られました。「涅槃」は、梵語で「ニルヴァーナ」といい「吹き消すこと」という意味で、心が平安になった理想の境地を指します。また涅槃の四徳である常・楽・我・浄の上の2文字から常楽会と称しています。
成田山では、釈迦堂にお釈迦さま入滅の時を描いた涅槃図を奉安し、2月14日に最後の教えである「仏遺教経」をお唱えして御逮夜をつとめ、15日に常楽会を厳修しています。
常楽会では遍照講下総印旛教区連合会によるご詠歌の奉詠が行われ、参列したご信徒が焼香し、ご遺徳を偲びました。

カテゴリー[ 行事ご報告 ]

04日 02月 2024年

じゃんがら念仏踊り

大本堂前にて、福島県いわき市の成田山大乗講(細谷和正講元)がいわき市の無形民俗文化財である「じゃんがら念仏踊り」を4年ぶりに奉納しました。
じゃんがら念仏踊りは、太鼓と鉦をならしながら念仏を唱える独特の踊りが特徴です。いわき市では8月の盂蘭盆会に新盆を迎えた家などを踊りながら供養して回り、夏の風物詩となっています。

カテゴリー[ 行事ご報告 ]

03日 02月 2024年

節分会

立春前日の2月3日、世界平和、万民豊楽、五穀豊穣、転禍為福、殊には震災被災地復興を祈願する節分会を奉修しました。特別追儺豆まき式には、年男をはじめ大相撲力士、大河ドラマ『光る君へ』出演者の皆さまが参加。豆まき式では「福は内」のかけ声のもと盛大に豆がまかれ、大勢の方々が1年の福を授かりました。
ご来山いただきました皆さまに心より感謝いたしますとともに、今年1年、お不動さまのご加護のもと、たくさんの福に恵まれますようお祈りいたします。

カテゴリー[ 行事ご報告 ]

25日 01月 2024年

新春交通安全祈願式

成田交通安全協会(大川貞一会長)主催により、岸田照泰貫首大導師のもと新春交通安全祈願式を開催しました。
大本堂前に成田市、富里市、栄町、成田警察署、成田交通安全協会、成田地区安全運転管理者協議会、成田地域交通安全活動推進委員協議会、成田警察署管内飲酒運転根絶協議会、成田市タクシー協議会、自転車マナーアップシニア隊の皆さま約100人が参列し今年1年の交通安全を祈願しました。
成田山では「仏心で握るハンドル事故はなし」のスローガンのもと交通災害の撲滅と交通安全を祈願いたしております。

カテゴリー[ 行事ご報告 ]

25日 01月 2024年

初天神祭礼

1月24日・25日の2日間、天満宮を特別開扉し、「学業成就」「合格成就」を祈願する初天神祭礼を厳修しました。一足早くほころんだ梅の花が香る中、参詣された方は受験を控えたお子様の合格と学業成就を祈願しました。
法楽終了後、ご参列された皆さまに浄筆を授与しました。

カテゴリー[ 行事ご報告 ]

24日 01月 2024年

千葉ロッテマリーンズ必勝祈願

千葉ロッテマリーンズの高坂俊介代表取締役社長はじめ関係者が必勝祈願に参詣。大本堂での御護摩祈祷に参列されました。
護摩後、岸田照泰貫首から高坂社長にリーグ優勝への願いを込めた御護摩札を授与しました。

カテゴリー[ 行事ご報告 ]

17日 01月 2024年

真言宗智山派 内局年賀来山

真言宗智山派 芙蓉良英宗務総長はじめ内局の方々が来山されました。大本堂、先師墓地参拝後、光輪閣で岸田照泰貫首と親しく新年の挨拶を交わしました。

カテゴリー[ 行事ご報告 ]

13日 01月 2024年

令和六年能登半島地震 被災地救援募金を実施

令和六年能登半島地震により被害にあわれた方々に心よりお見舞い申し上げます。
本日、成田山では総門前にて僧侶、職員が募金活動を行い、たくさんの方からご支援をお寄せいただきました。
なお、募金活動は引き続き総門前にて土日祝日に実施予定です。大本堂にも募金箱を設置しておりますので、皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。
被災地の一日も早い復旧を心より祈念いたします。

カテゴリー[ 行事ご報告 ]

12日 01月 2024年

覚鑁忌(かくばんき)

1月12日、真言宗中興の祖と仰がれる興教大師覚鑁上人(こうぎょうだいしかくばんしょうにん)の命日法要を岸田照泰貫首大導師のもと大師堂で厳修しました。
興教大師は、嘉保2(1095)年、現在の佐賀県鹿島市にお生まれになりました。弘法大師の教えを再興し、高野山に大伝法院と密厳院を建立するとともに多くの学徒を養成。その後、和歌山県の根来山に移りのちに「新義」といわれる教学を確立し、康治2(1143)年12月12日、49歳で入滅されました。
成田山では古くから陰暦12月(現在の1月)に命日法要を行ってきたため一月遅れの厳修となります。
厳しい寒さの中、参列したご信徒は焼香台で静かに手を合わせご遺徳を偲びました。

カテゴリー[ 行事ご報告 ]

11日 01月 2024年

福枡浄書

節分会で福豆を入れる福枡の仕上げを行いました。秋田県産のヒバで作られた枡の底に「成田山」の焼き印を押し、僧侶が一つひとつ丁寧に「令和六甲辰閏歳二月三日 節分会」と浄書しました。節分会にはこの福桝からたくさんの福豆が撒かれます。

カテゴリー[ 行事ご報告 ]

2024年2月の主な行事

3日(土)成田山節分会
3日(土)星供祈祷会(~9日)
10日(土)第39回仏教文化講座 第6講
14日(水)常楽会御逮夜
15日(木)常楽会(釈尊涅槃会)
17日(土)信徒七誓会
17日(土)成田の梅まつり(~3月3日)
23日(祝)出世開運稲荷祭礼(~24日)
24日(土)出世開運稲荷大法会
28日(水)開運不動市

2024年3月の主な行事

3日(日)第40回成田山全国競書大会 中央審査会
3日(日)氷彫刻展
5日(火)十箇座十万遍修行(~7日)
9日(土)第39回仏教文化講座 第7講
11日(月)全国災害物故者総供養会
15日(金)成田山奉賛会正副会長会
16日(土)信徒七誓会
20日(祝)彼岸法要
21日(木)弘法大師正御影供
28日(木)開運不動市

このページの先頭へ戻る